2010年09月17日

ラインホールド・ニーバーの言葉

以下が有名な「ニーバーの祈り」だ。

神よ
 変えることができるものについて、
 それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

 変えることができないものについては、
 それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。

 そして、
 変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
 識別する知恵を与えたまえ。

アメリカの神学者ラインホールド・ニーバーの言葉より


 変えることができるもの。
 人が人を殺すこと。戦争、政治・社会システムなど。


 変えることができないもの。
 病気による死、雨が降ること。雷が落ちること。
 
 
 人間は、往々にいして「変えることができるもの」と「変えることができないもの」を間違えてしまう。
 これが社会的なアパシーを生み、また一方で死を怖がる原因なのだろう。

 これらを識別するには、そして、変えることができなことを受け入れるには、やはり人間を越えた視点からの知恵が必要なのだ。
 
posted by momoikazuma at 15:51 | TrackBack(0) | 記事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40773981

この記事へのトラックバック