2011年02月25日

イラク人質ジャーナリスト緊急参戦!

【3月9日、ジャーナリストが宗教を語るイベント=宗教紛争・テロ、そしてカルト問題】

 特報 イラクで人質になったジャーナリストの安田純平さんが、緊急参加することに決定しました! 
 イスラム圏での取材も豊富な安田さんには、取材を通して感じたイスラム教を語って頂きます。

 まだまだ席に余裕が有りますので、是非、ご予約を!



 以下、すでにお伝えした告知です。

3月9日、東京・新宿のネイキッドロフトで、トークイベント「宗教を越えて、宗教と共に 〜世界3大宗教からカルトまで〜」が開催されます。日本のメディアではとか
く国際紛争やテロ、カルト宗教事件のニュースで取り上げられることが多い「宗教」。でも宗教って、そんなに怖いものなのか? 国内外の取材で宗教に触れてきたジャーナリストたちが語
ります。

イベントの呼びかけ人は写真家でジャーナリストの
href="http://www.momoikaz.sakura.ne.jp/index.html">桃井和馬氏。世界140ヵ国を取材し、「紛争」「地球環境」などを基軸にしたプロジェクトを通し独自の切り口で「文明論」を展開し、『すべての生命(いのち)に であえてよ
かった』(日本キリスト教団出版局)などの著書があります。2011年度より恵泉女学園大学客員教授。当日は、主にキリスト教について語る予定です。

野田雅也氏は、かれこれ10年くらいチベットを取材しているフォトジャーナリスト。2008年のチベット騒乱の際には、チベット亡命政府があるインド・ダラムサラから現地リポートを行ないました。現在も、中国の開発事業によるチベットの砂漠化や水問題など、アジア全域の水源に関わる環境問題を取材しています。当日は、チベット仏教について語ります。

そして本紙主筆の藤倉も出演させていただくことになりました。国内では信仰を利用して人々を傷つけるカルト宗教の問題を取材していますが、2008年以降、チベット問題の取材でチベット本土やインドのダラムサラを取材し、チベット仏教を信仰する人々の姿に触れてきました。その中で、「熱心な信仰は必ずしもカルトに直結しない」という確信を肌で感じています。いわゆる宗教紛争の構造と、カルト対社会の対立の構造も、全く違います。カルト問題の実情報告するとともに、こうした話もしたいと思っています。

宗教やカルトをテーマにしたイベントは様々なものがありますが、信仰をテーマにしたイベントではカルト問題について語られる機会が少なく、逆にカルト問題をテーマにしたイベントでは宗教全般の信仰について語られる機会が少ないという傾向があります。今回のイベントは、信仰をめぐる紛争・暴力・社会問題を取材してきたジャーナリストが、ネガティブな事実から目をそらさずに宗教の寛容や希望を語るという、あるようでなかった希少な機会になりそうです。



「宗教を越えて、宗教と共に 〜世界3大宗教からカルトまで〜」

宗教は怖い? 海外ニュースでは国際紛争やテロの話題が飛び交い、国内では「カルト宗教」の事件ばかりがメディアをにぎわせる国・日本。寛容な宗教のあり様を求めて、国内外の宗教を取材するジャーナリスト・写真家がタブーを排除しトークバトル。取材現場でのこぼれ話・写真多数公開!。

【日時】
2011年3月9日
開場18:30/開演19:30

【出演】
桃井和馬(写真家・ジャーナリスト)
安田純平(イラクで人質になったジャーナリスト)←緊急参戦!!
野田雅也(フォトジャーナリスト チベット仏教)
藤倉善郎「やや日刊カルト新聞」主筆

前売¥1300円/当日¥1500(共に飲食代別)
※お問い合わせ・ご予約は以下のネット予約、
http://bit.ly/gijaZS
または店頭電話にて受付中。
NakedLoft:03-3205-1556(17:00〜24:00)


posted by momoikazuma at 11:14 | TrackBack(1) | 記事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43579952

この記事へのトラックバック

桴瑰㨯⽶敮畳杯潤⹣潭⽷敩杨琭獳⽶敮畳ⵦ慣瑯爭牥癩敷
Excerpt: 彟愀渀䀀癟圀䘀一最畇ⵏ摹獳敹v
Weblog: 桴瑰㨯⽶敮畳杯潤⹣潭⽷敩杨琭獳⽶敮畳ⵦ慣瑯爭牥癩敷
Tracked: 2017-01-08 07:02